卒業すればなんとか|疲れた人の心を癒す心理カウンセラーになるには
男女

疲れた人の心を癒す心理カウンセラーになるには

卒業すればなんとか

看護師

偏差値と比例傾向にある

つねに人手不足と言われている看護師業界ですが、平均給与も高く求人も安定しているため、いまは男性にも人気の職業になっています。看護師国家試験合格率は90%前後を推移しており、一見簡単そうに見えますが、それまでの履修や実習がかなり大変で、看護専門学校では途中退学する人も少なくありません。看護師国家試験合格率はあくまで平均であり、学校別に見た場合は合格率の差はわりと顕著にあらわれます。学校の偏差値と合格率は必ずしも一致しませんが、比例傾向にはあり、上位の学校では看護師国家試験合格率が100%のところもあります。看護専門学校卒業生ではとりあえず准看護師になっておき、後々国家試験を受けて正看護師を目指す人も目立ちます。

絶対評価と相対評価

国家試験は専門学科のある大学や短大、もしくは看護専門学校を卒業することで受験資格を得られます。ただ、3000時間を超える養成教育を受けなければならず、特に専門学校は勉強と実習が平行しておこなわれるため、過密なスケジュールになっています。ですから、他の国家資格の養成学校よりは厳しい現状があります。もちろんそれだけ能力が求められるということですが、卒業さえしておけばいつでも受験可能なので、一生モノの受験資格となります。看護師国家試験合格率を見る限り、合格者数は一定の看護師確保のために、ある程度調整されています。必修試験は絶対評価に対して、一般試験は相対評価という点からも、それが見て取れるでしょう。