医者

疲れた人の心を癒す心理カウンセラーになるには

卒業すればなんとか

看護師

需要の高い職業の一つとして看護師の仕事があります。仕事柄、能力も求められており、長い養成教育を経て受験資格を得ることができます。看護師国家試験合格率を見ると、やはり偏差値の高い学校が上位に入る傾向があります。

PTになるためには

勉強

理学療法士は、リハビリテーションのプロです。この理学療法士になるには、国家試験に受からなければいけません。その試験の合格率は7から8割ですが、試験は難易度の高いものです。そして合格したあと臨床に出てからも、学ぼうとする向上心が必要な職です。しかしこれからの高齢化社会で、ニーズの高い職といえるでしょう。

ニーズが高まっています

相談

自分が働きたい職場を模索

心理カウンセラーは日本でも年々、需要が高まっている職業の一つです。大震災やいじめ、ストレスなど現代の日本人は様々な局面に立たされることが多いのが特徴です。心理カウンセラーはこのように何か発生したときの人々の心に寄り添ってサポートする仕事です。心理カウンセラーになるには、大学などで専門知識を身に付けて資格を取得する臨床心理士のほか、スクールカウンセラーや産業カウンセラーなどが代表的です。このような資格を取得するには一定のカリキュラムを受けるほか、資格試験に合格する必要があります。心理カウンセラーは働きたい場所によって、学ぶ知識や取得する資格に違いがるため、まずは自身がどのような資格を取得したいのかを考える必要があります。

知識を身に付けましょう

心理カウンセラーは特別な資格はなくてもいい場合もある職業です。臨床心理士や産業カウンセラーなどのような場合には、資格が必須になるものですが、一般的な心理カウンセラーの場合には国家資格ではなく民家の資格であるのが特徴です。しかしながら、心理カウンセラーは人の心に寄り添う仕事であるため、何も知識がないままでは対応しきれないのが現実です。このため、体系的に学べる心理カウンセラーの講座などを受講する必要があるのです。最近では通信講座などでも心理カウンセラーの知識を身に付けられる講座が多くなってきているため、自身が学びたいカリキュラムがある講座を選択することをおすすめします。資格を取得することによって、家族や友人などの心の健康にも役立てることが可能です。

ニーズはかなり高い

医者

診療放射線技師はレントゲン機器などを取り扱うプロであり、医師が正確な診断を下すための資料作成に大きく携わる重要な仕事です。資格を取得するためには、専門知識を身につけるための専門学校や大学への通学が必須です。短期間での取得を目指すのであれば、集中して勉強できる専門学校がお勧めです。